FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【マジック・リーグ】8月15日 6戦目

  今回も、8月15日のマジック・リーグ公式参照の対戦結果です。
 場所は、神戸・三宮のイエサブ。
 6戦目も、Sさんとの対戦です。

 1戦目2戦目4戦目5戦目はレベラーの勝ち。
 3戦目はレベラーの負け。 

 はたして、6戦目は?

●戦いの流れ
序盤
 1ターン目
 先手のSさんは、特殊土地の《進化する未開地wiki参照》。
 すぐに能力を使って、ライブラリー(山札)から戦場に、島を出します。

 後手のレベラーは、平地を出すのみ。

 2ターン目
 Sさんは、まず、沼を。
 そして、1/3の《臨海の護衛wiki参照》を出す。

 レベラーは、森を出すだけです。

中盤
 3ターン目
 Sさんが、《臨海の護衛wiki参照》で攻撃!
 レベラー側にクリーチャーはおらず。
 レベラーのライフは、残り19点。
 Sさんは、さらに、島を追加。
 《破衝車wiki参照》を出します。
 
 レベラーは、島を出す。
 3マナで、《天頂の鷹wiki参照》を出します。

 4ターン目
 Sさんは、全員で攻撃。
 レベラーは、《臨海の護衛wiki参照》を《天頂の鷹wiki参照》でブロック。
 《破衝車wiki参照》の攻撃は通ります。
 レベラーのライフは、残り17点。
 
 レベラーは、まず、平地を出す。
 次に、3/3の《歯車式司書wiki参照》を出します。

 5ターン目
 Sさんは、全員で攻撃。
 《臨海の護衛wiki参照》は《天頂の鷹wiki参照》が。
 《破衝車wiki参照》は《歯車式司書wiki参照》がブロック。
 《破衝車wiki参照》は、死亡です。

 Sさんは、島と《護輪のフクロウwiki参照》も出しました。
 
 レベラーは、まず《歯車式司書wiki参照》で攻撃。
 ブロックはなし。
 Sさんのライフは、残り17点。
 戦闘後、レベラーは、平地と《無謀な識者wiki参照》を出します。


 6ターン目
 Sさんは、まず島を出す。
 次に、《狂暴な吸血者wiki参照》。
 能力で、両プレイヤーに2点ダメージ。
  レベラーもSさんも、残りライフは、15点。
 さらに、Sさんは、《茨弓の射手wiki参照》を出します。
 そして、《臨海の護衛wiki参照》と《護輪のフクロウwiki参照》で攻撃!
 レベラーは、《臨海の護衛wiki参照》を《無謀な識者wiki参照》でブロック。
 《無謀な識者wiki参照》は死亡しました。
 レベラーのライフは、残り12点。
 戦闘後、レベラーは、《吠え群れの飢えwiki参照》を、《天頂の鷹wiki参照》に。
 このターンにクリーチャーが死亡しているため、+3/+3。
 《天頂の鷹wiki参照》は、実質、「5/5、飛行」になりました。

 レベラーのターン。
 レベラーはまず、《歯車式司書wiki参照》で攻撃。
 ブロックはなし。
 Sさんのライフは、残り12点。
 レベラーは、2体目の《無謀な識者wiki参照》を出します。

 7ターン目
 Sさんは、なぜか、何もせず。

 レベラーは、まず、平地と《集魂者wiki参照》を出す。
 そして、戦闘にーー入ろうとしたとき、Sさんが《潮流の先駆けwiki参照》を出す。
 能力で、《天頂の鷹wiki参照》がレベラーの手札に戻る。
 +3/+3も解除されました。
 これは痛い!

終盤
 8ターン目
 Sさんは、《臨海の護衛wiki参照》と《狂暴な吸血者wiki参照》と《護輪のフクロウwiki参照》で攻撃。
 レベラーは、《臨海の護衛wiki参照》を《歯車式司書wiki参照》でブロック。
 レベラーのライフは、残り6点。

 レベラーは、まず《集魂者wiki参照》で攻撃。
 Sさんのライフは、残り11点。
 さらに、《天頂の鷹wiki参照》を、実質4/4の状態で出します。


決着!
 9ターン目
 Sさんは、全員で攻撃!
 レベラーは、《護輪のフクロウwiki参照》を《天頂の鷹wiki参照》でブロック。
 このままでは、《護輪のフクロウwiki参照》が死亡ですがーー
 対応して、Sさんが、《蛙変化wiki参照》。
 このままでは、《天頂の鷹wiki参照》が1/1の蛙に。
 しかし、対応してレベラーが《誤った指図wiki参照》。
 《蛙変化wiki参照》の対象をSさんのクリーチャーにかえようとします。
 しかし!
 さらに、Sさんが《精神的反論wiki参照》。
 《誤った指図wiki参照》を打ち消します。
 (実は、打ち消すのは無理でした。)
 《天頂の鷹wiki参照》は、1/1の蛙となって、戦闘で死亡。 


 レベラーのライフは0点になりました。


 Sさんの勝利です。

●感想・反省点

 クリーチャーの数を並べる勝負で、Sさんが勝利しました。
 Sさんが使った《潮流の先駆けwiki参照》は強かったです。
 自分のクリーチャーを増やして相手のクリーチャーを減らせるわけですから。
 
 最後のカウンター合戦も面白かったですが、よく考えると、勝敗には関係ないものでした。
 (Sさんが《蛙変化wiki参照》を使わなくても、レベラーの負けでした。)
 それと、《精神的反論wiki参照》で《誤った指図wiki参照》は打ち消せませんでした。

 むしろ、レベラーが防御をおろそかにしていたのが、勝敗に影響していたと思います。

 今回は、以上です。

 このブログでは、感想・アドバイス・相互リンク等、大募集しております。お気軽に、コメント欄をお使い下さい。
このブログの最新・記事へ
 もう1つのブログも更新! 【東方MMD】 とりあえず完成! ニコ動にアップロード!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PWポイント
プロフィール

レベラー

Author:レベラー
 お金も頭脳も”ひかめ目”なMTGプレイヤー。
 【リミテッド(シールド、ブースタードラフト)】と【EDH(統率者戦)】中心。

カテゴリ
最新記事
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。