FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【リミテッドの勉強】戦乱のゼンディカー! プレリのために2色カードを勉強

 今回は、戦乱のゼンディカーwiki参照のシールドwiki参照戦について勉強します。
 戦乱のゼンディカーwiki参照は、後、10/2発売の新セット!
 全カード・プレビューはこちら。

 発売前にカードが手に入るプレリリース大会wiki参照は、今週末(9/26、27)です!!
 もちろん、レベラーも、26日に神戸・三宮のイエサブで、プレリwiki参照に参加します。

 参加前に、プレリリース大会wiki参照で行われるシールドwiki参照戦について、予習しておきます。

●2色カードに注目!
 まずは、いつも通り、アンコモンの2色クリーチャーに注目します。
 カードを開発しているウィザーズ社は、2色カードを「デッキを組むヒント」にしてくれていることが多いからです。 
 勝てるデッキを作れるヒントは、見逃したくないですよね。


 ざっと見て、デッキのヒントになりそうな、2色クリーチャーは――
《地下墓地の選別者》
マナコスト: (1)(黒)(緑) 点数で見たマナコストは3
カードタイプ: クリ―チャー エルドラージ ドローン
能力: 欠色(このカードは無色)。
 戦場に出たとき、1/1のエルドラージ・末裔トークン(生贄にして無色1マナに変換可能。)を1体出す。
 他の味方クリーチャーが死亡するたび、占術1(ライブラリー(山札)の一番上のカードを見て、もとに戻すか、ライブラリーの一番下におく。)を行う。
パワー/タフネス: 2/2

《ドラーナの使者》
マナコスト: (1)(白)(黒) 点数で見たマナコストは3
カードタイプ: クリ―チャー 吸血鬼 クレリック 同盟者
能力: 飛行
 自分のアップキープ開始時に、対戦相手全員が、1点のライフを失う。
 自分は、1点のライフを得る。
パワー/タフネス: 2/2

《殺戮の先陣》
マナコスト: (黒)(赤) 点数で見たマナコストは2
カードタイプ: クリ―チャー エルドラージ・ドローン 
能力: 欠色(このカードは無色である)。
 無色1点を払うことで、無色クリーチャー1体に速攻をつける。
パワー/タフネス: 3/2

《林の喧騒者》
マナコスト: (2)(赤)(緑) 点数で見たマナコストは4
カードタイプ: クリ―チャー エレメンタル
能力: トランプル
 上陸 自分が土地を出す度、ターン終了時まで+2/+2の修正。
パワー/タフネス: 3/3

《林番のドルイド》
マナコスト: (2)(緑)(白) 点数で見たマナコストは4
カードタイプ: クリ―チャー エルフ ドルイド 同盟者
能力: 結集 自分か他の同盟者が戦場に出るたび、(1)を払ってよい。
 そうした場合、1/1の苗木トークンを出す。
パワー/タフネス: 3/3

《コジレックの伝令》
マナコスト: (1)(青)(赤) 点数で見たマナコストは3
カードタイプ: クリ―チャー エルドラージ ドローン
能力: 欠色(このカードは無色である。)
 自分が無色呪文を唱えるとき、コストが(1)減る。
パワー/タフネス: 2/4


《毅然たる刃の達人》
マナコスト: (3)(赤)(白) 点数で見たマナコストは5
カードタイプ: クリ―チャー 人間 兵士 同盟者
能力: 結集 自分か他の同盟者がでたとき、味方クリーチャー全員が、ターン終了時まで二段攻撃(戦闘で、普通にダメージを与える前に、もう1回ダメージを与えられる。)をもつ。
パワー/タフネス: 2/2

《空乗りのエルフ》
マナコスト: (X)(青)(緑) 点数で見たマナコストは2
カードタイプ: クリ―チャー エルフ 戦士 同盟者
能力: 飛行
 収斂(しゅうれん) 唱えるために使ったマナの色の数だけ、+1/+1カウンターが乗った状態で戦場に出る。
パワー/タフネス: 0/0


《ウラモグの失脚させるもの》
マナコスト: (2)(黒)(青) 点数で見たマナコストは4
カードタイプ: クリ―チャー エルドラージ 昇華者
能力: 飛行 瞬速(インスタント・タイミングで唱えられる。)
 戦場に出たとき、相手の追放領域から、カードを2枚、相手の墓地に戻してよい。
 そうしたら、呪文1つを打ち消す。
 収斂(しゅうれん) 唱えるために使ったマナの色の数だけ、+1/+1カウンターが乗った状態で戦場に出る。
パワー/タフネス: 0/0


 デッキ構築のヒントとして分かりやすいのは、この9体ですね。

●どんなデッキが作れそう?
 パッと見たかんじ、黒赤と黒青は、無色デッキ、あるいは、エルドラージデッキでしょうね。
 黒青が呪文中心で、黒赤がクリーチャー中心でしょうか?
 緑黒の《地下墓地の選別者》、青黒の《ウラモグの失脚させるもの》もエルドラージクリーチャー。
 ただ、この2体は、無色デッキじゃなくて、墓地利用やコントロールっぽくもあります。
 まあ、青黒は、「追放領域を使う昇華者デッキ」かもしれませんが。

 青緑も、比較的、分かりやすい。
 収斂(しゅうれん)を使った多色デッキでしょう。

 赤緑は上陸(自分が土地を出す度に能力が使える)デッキ?

 赤白は同盟者デッキでしょう。
 でも、緑白、黒白はどうなのでしょう?

  次の記事では、上のようなデッキが実際にできるかどうか、カードを見ていきます。

 今回は、以上です。

 このブログでは、感想・アドバイス・相互リンク等、大募集しております。お気軽に、コメント欄をお使い下さい。
このブログの最新・記事へ
 もう1つのブログも更新! 「MTGでTRPG」次のテストシナリオで、確認することのメモ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PWポイント
プロフィール

レベラー

Author:レベラー
 お金も頭脳も”ひかめ目”なMTGプレイヤー。
 【リミテッド(シールド、ブースタードラフト)】と【EDH(統率者戦)】中心。

カテゴリ
最新記事
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。