FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【EDH】9月6日スーラク打倒マナファクトvs大祖始浪漫のみ 2戦目

  今回は、統率者戦の対戦結果です。
 9月6日、レベラーの家で、友人と対戦した2戦目。

 戦ったデッキは、1戦目と同じ。
スーラク・打倒マナファクトデッキレベラーが使用。
vs
大祖始・浪漫デッキ 友人が使用。

 1戦目はレベラーの勝利でした。
 はたして、2戦目は?

●戦いの流れ
序盤
 1ターン目
 先手のレベラーは、《広漠なる変幻地wiki参照》を出し、すぐに能力を使う。
 
 ライブラリー(山札)にある森1枚を、タップ状態で戦場出します。

 友人は、特殊土地、《ラノワールの再生地wiki参照》を出すのみです。

 2ターン目
 レベラーは、まず島を。
 そこから、《太陽の指輪公式参照》、さらに、《速足のブーツwiki参照》を出します。

 友人は、《グルールのギルド門wiki参照》を出す。

 3ターン目
 レベラーは、まず、山。
 そして、マナをすべて使って、統率者龍爪の《龍爪のスーラクwiki参照》を出します。
 
 友人は、《ディミーアのギルド門wiki参照》を出します。 

中盤
 4ターン目
 レベラーは、《速足のブーツwiki参照》を《龍爪のスーラクwiki参照》に装備。
 そして、攻撃!
 友人の残りライフは、34点。
 統率者ダメージ6点。

 レベラーは、島も1枚追加します。

 友人は、まず、《イゼットのギルド門wiki参照》を。
 次に、《ヤヴィマヤの火wiki参照》を出します。

 5ターン目
 レベラーは、《龍爪のスーラクwiki参照》で攻撃。
 友人の残りライフは、28点。
 統率者ダメージは12点。

 戦闘後、島と《統率者の宝球wiki参照》を出します。

 友人は、《市場の祝祭wiki参照》でマナ加速をします。

 6ターン目
 レベラーは、《龍爪のスーラクwiki参照》で攻撃。
 友人の残りライフは、22点。
 統率者ダメージ18点。

 統率者ダメージは、21点以上うけると敗北。
 後、1回攻撃を通せば、レベラーの勝利です。

 友人は、ブロッカーとして、《名誉ある者、ガイージーwiki参照》を出す。
 さらに、《広漠なる変幻地wiki参照》を出して、能力で沼を戦場によびます。

 7ターン目
 レベラーは、《龍爪のスーラクwiki参照》で攻撃。
 友人は、《名誉ある者、ガイージーwiki参照》でブロック。
 このままでは、《名誉ある者、ガイージーwiki参照》だけが死亡。
 しかし、友人が《ヤヴィマヤの火wiki参照》の能力を使う。
 《名誉ある者、ガイージーwiki参照》のパワーが2上がる。
 《龍爪のスーラクwiki参照》と相討ちです。
 戦闘後、レベラーは《龍爪のスーラクwiki参照》を出し直す。
 そして、《速足のブーツwiki参照》を装備します。

 友人は、まず、特殊土地、《秘儀の聖域wiki参照》を出す。
 次に、《戦争門wiki参照》を使います!
 X=4なので、ライブラリー(山札)から、点数で見たマナコストが4点以下のパーマネントを呼び出せます。
 友人が戦場に出したのは、《ヤヴィマヤの古老wiki参照》です。

 8ターン目
 レベラーが《龍爪のスーラクwiki参照》で攻撃。
 友人は、《ヤヴィマヤの古老wiki参照》でブロック。
 《ヤヴィマヤの古老wiki参照》は死亡。
 死亡時の能力で、友人の手札に、基本土地が2枚加えられます。
 戦闘後、レベラーは島を1枚出します。

 友人は、まずは平地を。
 そして、《黄金夜の刃、ギセラwiki参照》を出します。
 そのとき、《ラノワールの再生地wiki参照》の能力を使う。
 元々5/5の《黄金夜の刃、ギセラwiki参照》は、実質6/6になりました。
 能力もあるので、パワー12と同じ働きができます。

 9ターン目
 レベラーは、《統率者の宝球wiki参照》の能力を使う。
 カードを1枚引きます。
 その後、《クルフィックスの預言者wiki参照》を出します。
 《クルフィックスの預言者wiki参照》の能力によって、相手ターンの最初に、レベラーのクリーチャーと土地がアンタップ。
 さらに、インスタント・タイミングでクリーチャーを出せるようになります。

 友人は、まず、《虹色の前兆wiki参照》を出す。
 自分の土地すべてから、好きな色のマナを出せるようになります。
 そのマナで、友人は、《センの三つ子wiki参照》を出します。
 自分(友人)のターンに、相手(レベラー)の手札のカードを使えるようになる、すごい能力のクリーチャーです。 

終盤
 10ターン目
 レベラーは、まず、島を。
 次に、《イクシドロンwiki参照》を出す。
 能力で、すべてのクリーチャーが、2/2の変異クリ―チャーwiki参照になりました。
 そして、《速足のブーツwiki参照》を《イクシドロンwiki参照》に装備させる。
 《イクシドロンwiki参照》と変異クリ―チャーwiki参照で攻撃!
 ブロックはなし。
 友人の残りライフは、16点。

 友人側は、まず、島を。
 そして――統率者、《大祖始wiki参照》を出す。
 「10/10プロテクションすべて」!
 

 11ターン目
 レベラーは、変異クリ―チャーwiki参照で攻撃。
 正体は《龍爪のスーラクwiki参照》。
 ブロックで死亡すると、統率者領域に戻れます。
 しかし、友人はブロックせず!
 友人の残りライフは、14点。
 戦闘後、変異クリ―チャーwiki参照を1体追加します。 

 友人は、《大祖始wiki参照》で攻撃!
 ブロックは不可!
 レベラーの残りライフは、30点。
 統率者ダメージは、10点。

 友人は、《彩色の灯籠wiki参照》を出します。

 12ターン目
 レベラーは、《イクシドロンwiki参照》と変異クリ―チャーwiki参照で攻撃。
 ブロックはなし。
 友人の残りライフは、7点。

 友人も
 友人は、《大祖始wiki参照》で攻撃。
 友人の残りライフは、20点。
 後1撃で、友人の勝利です。
 友人は、《エルフの笛吹きwiki参照》と《社交の達人wiki参照》も出します。


決着!
13ターン目
 レベラーが、全員で攻撃!
 変異クリ―チャーwiki参照2体は、《エルフの笛吹きwiki参照》と友人側の変異クリ―チャーwiki参照にブロックされる。
 《イクシドロンwiki参照》も、《社交の達人wiki参照》にブロックされました。
 変変異クリ―チャーwiki参照2体と《イクシドロンwiki参照》、《社交の達人wiki参照》、《エルフの笛吹きwiki参照》が死亡。
 変異クリ―チャーwiki参照1体の攻撃は通ります。
 友人の残りライフは、5点。

 友人のターン。
 友人は《大祖始wiki参照》で攻撃!
 統率者ダメージが、合計で30点。
 21点を越えたので、友人の勝利です。

 友人の勝利です。

●感想・反省点
 やっぱり、大祖始デッキは、回ると強いです!(遅いですが。)
 
 レベラーのミスとしては、8ターン目
 よく考えると、《ヤヴィマヤの古老wiki参照》を除去できました!
 それに気づかなかったのが痛いですね。

 3戦目は別の記事で。

 今回は、以上です。

 このブログでは、感想・アドバイス・相互リンク等、大募集しております。お気軽に、コメント欄をお使い下さい。
このブログの最新・記事へ
もう1つのブログも更新! 「MTGでTRPG」手札破壊のルール、やっぱりシンプルに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PWポイント
プロフィール

レベラー

Author:レベラー
 お金も頭脳も”ひかめ目”なMTGプレイヤー。
 【リミテッド(シールド、ブースタードラフト)】と【EDH(統率者戦)】中心。

カテゴリ
最新記事
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。